五穀米 雑穀 発芽玄米 古代米 こだわりのお米の専門店 たのしい米屋ドットコム

業者の方必見! 五穀米シリーズの業者向け販売はじめました 詳しくはこちら 五穀米 専門店 たのしい米屋.com

五穀米 専門店 たのしい米屋.com

なぜ 五穀米 はいいの?

五穀米 専門店 たのしい米屋.com

お米のソムリエ
「米・食味鑑定士」って何?

新聞掲載

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 必見!お米のプロが語るごはん食で10倍健康!◆◇◆     

http://www.tanosiikomeya.com          第8号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!たのしい米屋ドットコム、店長の松丸です。
いよいよ本格的な秋を迎え、皆様いかがお過ごしですか?
季節の変わり目は体調管理が難しい時ですのでご自愛くださいね。
今、当店は新米が出揃い忙しい毎日ですが、ピカピカに
炊き上がった新米ごはんを口にすると元気になります。
自然の恵みに感謝です!


《目次》===============================

◆よい食べ物と悪い食べ物を選ぶ簡単なポイント!

◆肝機能向上!今が旬、紫甘藷(むらさきいも)

===================================

◆よい食べ物と悪い食べ物を選ぶ簡単なポイント!


私達が食生活で心掛けなければならないのが、
体によい食べ物を積極的にとり、
体に悪い食べ物をできるだけ排除することは言うまでもありませんね。

体によい食べ物も第一のポイントは、 「自然が与えた物をなるべく丸ごと食べる」という事です。

自然そのままの食べ物は、すべて丸ごと食べる事でほぼ完全に
「栄養バランス」がとれるのです。

この「丸ごと」の目安を抑えておけば、
よい食べ物と悪い食べ物を見分けるのは容易になります。

例えば、頭からシッポ、骨も内臓もすべて食べられる小魚類は好ましい食べ物で、
筋肉の部分しか食べない刺身やステーキはあまり好ましくない食べ物といった具合です。

もう一点は、「土地」「気候風土」を大事にすることです。
旬というのは、実に深い意味があります。

例ば、暑い季節が旬のトマトやキュウリ、ナスは、体温を下げる働きが有ります。
ところが、美容にいいからといって、年中果物や青野菜ジュースをとり続けると体温の
低下を促すので、あまりとり過ぎるとホルモンのバランスを崩しかねません。
かえって逆効果の場合も。

以上、よい食べ物をを選ぶ二つを書きましたが、これらを満たす食べ物は、
やはり日本古来の伝統的な「五穀」を中心とした日本の食事が2重丸の食べ物なのです。

==========================================
●五穀を中心にした「簡単・美味しいヘルシーごはん」はこちら
↓↓↓
http://www.tanosiikomeya.com/index.html

●昨年大好評の雑穀もち、発売開始しました。
↓↓↓
http://www.tanosiikomeya.com/omotiset.html

==========================================


◆肝機能向上!今が旬、紫甘藷(むらさきいも)

紫甘藷は、沖縄や九州南部を中心に栽培されているサツマイモの一種です。
この紫甘藷にはからだのサビを取り除いてくれるポリフェノールの一つである
「アントシアニン」という成分が豊富に含まれています。
近年の健康ブームのなかで注目を浴びて、生産量も増加しています。

[全国人間ドック集計ワースト1は肝機能異常]

日本人間ドック学会誌によると、人間ドックにおいて、肥満・高コレステロールを抜き、
ワースト1位は肝機能異常であるとの集計結果が出ています。
肝臓は痛みを感じない臓器であるため、意外と自分の肝機能が弱ってきていることに
気付かない人が多いのが事実です。

[紫甘藷の栄養の秘訣は・・・紫色]

近頃、話題のポリフェノールとは、からだのサビを取り除いてくれると評判の素材で、
ワインや「赤米」に含まれるタンニン、お茶に含まれるカテキンなど、種類はさまざま。
紫甘藷に含まれているのは、アントシアニンと呼ばれる種類で、
その正体は紫甘藷の「紫色」の色素!
この「紫色」が、特にお酒の量が多い方やお酒を飲む機会の多い方、
脂っこいものがお好きな方の強い味方なのです。
(このアントシアニンお米では「黒米」にも含まれています。)

[驚くべき栄養のかたまり]

アントシアニンの効果は、肝機能の向上だけではありません。
疲れた目を癒し、視力を向上させたり、からだのサビをつくる
活性酸素の働きを抑えて血液をきれいにしたりという効果もあります。
また、紫甘藷は、アントシアニンの他にも、ビタミン、カルシウム、
マグネシウム、食物繊維と他の栄養もたっぷり。
最近では、パンやお菓子、ジュースなどさまざまなものに加工されています。
今が旬の紫甘藷一度お試しください。



==========================================
●五穀を中心にした「簡単・美味しいヘルシーごはん」はこちら
↓↓↓
http://www.tanosiikomeya.com/index.html

●昨年大好評の雑穀もち、発売開始しました。
↓↓↓
http://www.tanosiikomeya.com/omotiset.html

●アントシアニン豊富な「黒米」はこちら
↓↓↓
http://www.tanosiikomeya.com/gokokumai/index.html

==========================================


---------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは≪まぐまぐ≫を使って配信しています。
解除は↓こちらから、ご自身でお願いいたします。
http://www.tanosiikomeya.com/
----------------------------------------------------------------------

 

 

▲売れ筋商品ベスト5を見る

Copyright (C) たのしい米屋.com 2006 All Rights Reserved.